維持する

異なる金額傾向

住宅の外観を綺麗に維持するためには外壁塗装は必要不可欠な施工となり、定期的なメンテナンスが必要なリフォーム工事となります。新築から10年経過すると、外壁の塗装が剥げたり亀裂が入ったりヒビ割れが発生する可能性が高くなるため、症状が出る前に外壁塗装により予防対策を行います。外壁塗装で使用される塗料には種類があるため、住宅環境や希望する効果に合わせて、最適な塗料を選ぶことができます。塗料には安価なものから高価なものまで幅広く揃っているため、予算や効果を参考に住宅を健康にする塗装を行います。昔からある定番商品は安価な傾向がありますが、最新技術を取り入れた商品は高値の傾向があるため、慎重に見極める必要があります。

外壁塗装の歴史と変遷

これまで日本では伝統的な和風建築である住宅が一般的でしたが、近年の住宅様式の変化により洋風建築が積極的に取り入れられています。建築方法によって住宅設備や仕様は異なるため、外壁の状態や維持期間にも違いが見られるため、それらを考慮して外壁塗装する必要があります。和風建築の場合はトタン外壁が一般であるため、塗装を剥がし塗るという作業を繰り返し行いますが、回が増すごとに外壁は強化されていきます。洋風建築の場合は外壁に塗装を直接吹き付けるため、施工がとても簡単であるので短時間で外壁塗装が完了します。住宅様式が変化すると同じように外壁塗装も時代によって変化しているため、時代に合わせた最適な方法を選択できます。