綺麗に見せる

高機能塗料の使用

住宅の外壁塗装を実施すると、新築当時の外観を取り戻すことができます。長く住んでいると、住宅の外壁に汚れや埃が付着して、色がくすんできてしまいます。また、カビが生えたり外壁材に亀裂が生じてしまったりすることもありますので、定期的な外壁塗装を欠かすことができません。一般住宅の場合は概ね10年に1度を目安にして外壁塗装を行うのが望ましいと言われていますが、適切な時期に良いメンテナンスを施しておくと、家の寿命を伸ばすことができます。最近は、プラスアルファの機能が付加された塗料が登場してくるようになりました。よく用いられるのが光触媒系の塗料です。光触媒系塗料を用いて外壁塗装を行うと、汚れがつきにくくなるだけでなく、家の周囲の空気を清浄化することができるため、今後は使用されるケースが増えていくだろうと予想されています。

種類で変わる

先程述べた光触媒系塗料を用いて外壁塗装を実施すると、家の見た目をキレイにすることができるだけでなく、家の周囲の空気までキレイにすることができるようになりますので、快適な暮らしが実現されます。ただし、高機能塗料の値段はかなり高額ですので、その分だけ外壁塗装費用がかさんでしまうことになります。予算が潤沢にある場合であれば高機能塗料の使用をおすすめすることができますが、限られた予算しかない場合には、その予算内で収まる塗料を選んで使用するのが望ましいです。一般的によく用いられている塗料は、アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系の4種類です。いずれの塗料を使用した場合でも、光触媒系塗料を使用する場合に比べれば安い費用で外壁塗装を済ませることができます。